sentence

色彩の重なりと一本の線が生み出す膨大な感性の含みに魅せられている。

描くもの自体に思想は持たない。

受け手に届けたいのは概念ではなく、もっと原始的な感覚だ。

 感じるための情報が多すぎる今、極めて私的な審美体験を提供したい。


Biography

 YUI・STEPHANIE | ユイ・ステファニー

/ Artist Painter

キャンバスへの絵画表現に加え、60mの外壁(品川、天王洲アイル)や、廃校の25mプール(中之条ビエンナーレ)、駅プラットフォームの壁(紀の国トレイナート)等、「そこに在る」ものへの制作を得意とする。

日々現場に立ち自身で環境と対峙しながら、その場所が持つものを紡ぎ出すように制作を進める作品を多く手がける。


Activity history

2016 紀の国トレイナート2016(周参見駅 プラットフォーム壁画)

         個展 「 99 」/ greenby (東京)

         個展 「 Back of eyelids 」/ siogallery (大阪)

2015 中之条ビエンナーレ2015 (25mプール)

         60m×3m壁画制作プロジェクト( 2014年5月〜2015年7月まで日々現場にて制作 ) / 天王洲ボンドストリート(東京)

2014 シブカル祭 / 渋谷パルコ

   個展 / Cutters Tokyo studio(東京)

2013 Cadeaux de Noel / Paris

         個展「深く永く息をすること −silence−」/ ギャラリーコンシール(東京)

        「mukapu × ユイ・ステファニー」滞在制作 / 宇陀松山 旧森田邸(奈良)

2012 個展「0.05mmの穴」/ en+(神戸)

2011 中之条ビエンナーレ2011

2010 個展「 受け入れる無限のYES 」/ cotonoha(沖縄)

         放浪ペインティング(沖縄)

2009 中之条ビエンナーレ2009

 

and more.....